医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2019/05/23
介護人材の更なる処遇改善、他施設の経験も通算可能に

 今年10月の介護報酬改定で創設される「介護人材の更なる処遇改善」について、厚生労働省の社会保障審議会 介護給付費分科会にて詳細が詰められています。3月6日の会合でも数点の論点について対応案が提示され、了承されました。


1.勤続10年の捉え方

 今回の処遇改善は、「経験・技能のある介護職員」について、「勤続10年以上の介護福祉士」を基本とすることとされていますが、この「勤続10年」の捉え方についても論点となりました。

 検討の結果、この勤続年数の計算には、同一法人のみの経験でなく、他法人や医療機関等での経験等も通算できる案が了承され、また、10年以上の勤続年数を有しない者であっても、業務や技能等を勘案し対象とできること等、事業所の裁量が認められる方向です。


2.例外の明示

 また、今回の新加算では、経験・技能のある介護職員において「月額8万円」の改善又は「役職者を除く全産業平均水準(年収440万円)」を設定・確保することとされていますが、「小規模な事業所で開設したばかりである等、設定することが困難な場合は合理的な説明を求める」となっています。この例外事項に該当する場合として、以下が例示されました。

  • 小規模事業所等で加算額全体が少額である場合
  • 職員全体の賃金水準が低い事業所などで、直ちに一人の賃金を引き上げることが困難な場合
  • 8万円等の賃金改善を行うに当たり、これまで以上に事業所内の階層・役職やそのための能力・処遇を明確化することが必要になるため、規程の整備や研修・実務経験の蓄積などに一定期間を要する場合


3.法人単位も可

 現行の処遇改善加算においても、法人が複数の介護サービス事業所を有する場合等の特例として、一括した申請が認められていますが、新加算においても同様に法人単位での対応を認められる方向です。


 この他、新たに追加される以下の取得要件について、具体的な取扱いも検討されています。

  • 処遇改善加算の職場環境等要件に関し、複数の取組を行っていること
  • 処遇改善加算に基づく取組について、ホームページへの掲載等を通じた見える化を行っていること

 詳細は、下記資料にてご確認ください。


厚生労働省 第169回社会保障審議会介護給付費分科会
資料「介護人材の処遇改善について


参考:
厚生労働省「第169回社会保障審議会介護給付費分科会


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
 
 

 

お問合せ
あさひ総合会計事務所
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ケ谷5-29-11
ナカニシビル3F(MAP
TEL:03-6457-4411
FAX:03-6457-4433
contact

当事務所は電子申告を推進

 しております。
e-tax

eL-tax

Mykomon

facebook